アウター

2020年必ず価値が上がる!バーバリーの一枚袖は今のうちに手に入れよう!

バーバリーのコートは、男のロマンである。

男の”いつかは手に入れたいもの”と言えば、クラウン、ロレックス、そしてバーバリーのコートである。

バーバリーのコートと言えば、ステンカラーコート、トレンチコートの2択ですが、いずれも新品で買おうとすると20万はします。

物というのは、買ったその瞬間から価値が半分ほどに下がり、使用し尽くすしかその価値を見出すことが出来ませんでした。

しかし、買った瞬間から、状態が悪くならない限り年々価値が上がり続ける服があるのをご存知ですか?

それがバーバリーの一枚袖です。

バーバリーの一枚袖とは

ビンテージバーバリーのコートの中に、何千枚かに1枚しか存在しない1枚袖。そんなに貴重なビンテージバーバリーは一体どんな物なのでしょうか。

袖に縫い目がひとつしかない

通常、袖を縫う際は袖の上部と脇下の下部で生地2枚を縫いわせて作っていきます。これが通称二枚袖です。一枚袖は、脇下の下部のみに縫い目があり、一枚の布でぐるんと袖が作られているものを指します。画像ではわかりにくいですが、左が一枚袖、右が二枚袖です。

一枚袖のメリット

一枚袖のメリットは何と言ってもサイズの選び方が無限に出来るという事です。

2枚袖はバーバリー特有の立体裁断により、サイズが合っていないと肩がポコッと出てしまい、オーバーサイズで着ると結構かっこ悪いです。

しかし、一枚袖は肩に一切縫い目が無いので、どんなにオーバーサイズで着ても肩回りがスッキリして見えます。なので、オーバーコートの理想形である身幅たっぷりで肩回りがスッキリのシルエットが出せるんです!

様々なブランドにサンプリングされている

その完璧なパターンから、様々なブランドのサンプリングにされています。特に有名なのはアナトミカのシングルラグランコートですね!

毎シーズン人気のコートで即完売のモデルです。そんなアナトミカのコートのオリジナルがバーバリーだなんてびっくりですね!

メンズコートの選び方とは?~ビジネスでもカジュアルでも使えるおすすめ一生もの3選~いよいよ今年もコートの時期が到来ですね!毎年、コート選びに頭を悩ませていませんか?今回はコートの選び方と一生もののコートを紹介していきま...

ビンテージバーバリーの価値とは

ビンテージバーバリーにも沢山の種類とディテールがあります。同じトレンチコートでも、ちょっとしたディテールの差で値段に2倍もの差がついてしまう可能性があります。そのディテールポイントは3つありますので必ずチェックしてくださいね。

袖のパターン

一番価値の差が表れるのが袖のパターンです。先ほど書いたように、一枚袖は何千枚の中で1枚あるかないかと言われる貴重なモデルです。今後は特に一枚袖は枯渇状態になっていくので是非押さえておきたいポイントです。

生産国

続いて生産国です。襟タグに”made in ENGLAND”の表記があるかどうかです。中にはこの襟タグに生産国が記載されていないモデルがありますが、やはりENGLANDの記載があるモデルの方が人気です。

恐らくですが、記載の無いモデルもENGLAND製で間違いないと思います。気にならない方はこのディテールは無視しても構いません。

ちなみに、Burberrys LONDONはUSA製です。

素材

通常のバーバリーコートの生地は、コットンとポリエステルの混紡です。ポリ混の方がシャリ感があり、所謂コート感があります。

しかし、古着市場で人気なのはコットン100%です。良い意味でクタッと感があり、Tシャツなどのカジュアルな服装と相性が良く、バーバリーコートを買う上では欠かせないディテールと言えます。

一枚袖はどこで買える?

一枚袖のビンテージバーバリーはどこで買えるのか。もちろん、新品では売っていないのでバーバリーのブティックに行ってもお目にかかることは出来ません。

古着屋

やはり古着屋です。バリバリのアメリカ古着のお店だと置いていないと思いますが、ヨーロッパ買い付けも行っている古着屋だと置いている可能性大です。しかし、昔と比べて生産国表記のある物も少なくなってきており、良いものの玉数は確実に少なくなってきています

古着屋を一件一件回って探すのはなかなか難しいと思います。古着屋のSNSを監視して入荷案内を待つのが無難かもしれません。

オークション

メルカリやラクマなどのフリマアプリよりもヤフオクの方が多数出品されています。ヤフオクの場合、必ず見つけることが出来ますが、直接状態を確認したり、試着出来ないのが難点。たまに偽物も存在します。

また、買った後に大きなダメージがあったなんてこともあり得ます。事前に信頼できる出品者か確認してからオークションに挑みましょう。

相場としては、一枚袖、ENGLAND製、コットン100で状態良ければ80000円は超えてくるでしょう。2018年は60000円程度でしたので年々価値が上がってきています。

ポップアップイベントを待つ

2018年9/28~10/1の期間でネクサス7と古着屋ストレイシープの共同で、ビンテージバーバリーのポップアップイベントがありました。確実に良いものと出会えるチャンスで、自分の目で見て決めることが出来るのでこういうイベントは見逃したくないですね!

まとめ

年々価値が上がる、ビンテージバーバリー。10年前は、一枚袖のコートがオークションで2000円で買えていました。(笑) もちろん出品者はそのレア度を知らずに出品しているわけですが。

今後玉数が増えるものではないのでまだまだ買えるチャンスがあるうちに手に入れてみてはいかがでしょうか?

オンシーズン前に買うと少し安く買えるので今のうちに買っておくのをおすすめします!

スーツ初心者が銀座でフルオーダースーツを作ってみた【打ち合わせ編】タイトル通り、私はスーツに関して初心者です。着こなし等々はある程度出来ますが、スーツを作る上での細かいディテールやトレンド、フィッティン...