ファッション

ユニクロで脱オタファッション!買うべきアイテムは2つだけ!

決して雑誌に載っているようなおしゃれをしたいわけではないけど、今の服装から抜け出したいという方も多いはず。

しかし、服をあまり買わない方からしたら服を買いに行くのはハードルが高いですよね。

ここでは、服を買いに行けない、何を買ったらいいかわからないという方に、簡単におしゃれに見える方法を紹介します。




 

なぜ自分の服装は他と比べてダサく見えるのか

ファッション指南系のサイトを見ると、おすすめのショップを紹介している記事をよく見かけます。最初はこのショップで服を買いましょう。次にこのショップ。慣れてきたらこのショップに挑戦!のように。

しかし、いくらそのショップに行っても服を選ぶときのポイント、買うものが明確じゃないとどこに行っても同じです。まず理解すべきポイントは服を着こなすポイントです。

ここでのポイントは服をおしゃれに着るポイントではなく、服がダサく見えるポイントです。基本的に服がダサく見える理由は3つしかありません。

・柄もの

もちろん柄ものはかっこいい物もありますが、基本的に手を出さないのが無難です。柄は大きいほど難易度が上がりますので、選ぶとしても胸元のワンポイントくらいが良いと思います。

そしてパンツは絶対無地にしてください。裾の折り返しチェックはもう最悪です!

・色の統一感がない

赤黒のチェックシャツにデニムを履いただけで3色、白い靴を履いたら4色です。たったこれだけですが、統一感が無くバランス悪く見えます。

出来るだけ3色以内、一番良いのは2色にすることです。

・サイズが合っていない

これが一番大きいポイントです。あえてのビックシルエットと、サイズが合っていないのは違います。

楽だからと大きめを買うといつまで経っても垢抜けないままです。

ネットをおすすめしない理由

上記を理解した上、服を買うだけでイメージが変わります。

しかしネット通販で買うのだけは控えてください。服を買いに行く服がないからネットで買おうと思う方も多いと思います。

ですが、初めからネット通販で服を買うのはおすすめしません。もちろんそれにはいくつか理由があります。

市場が広い

よくも悪くも今はネットで何でも手に入る時代です。

便利だからといってネットで服を買おうとしても検索の仕方がわからなく、めんどくさくなったり変な物を買ってしまう可能性があります。

サイズがわからない

初めてネットで買う場合はそのブランドのサイズ感がわかりません。同じMサイズでもブランドによって様々です。試着できる環境で買えば間違いないのです。

適正価格がわからない

仮にTシャツを買おうとしてるとして、ZOZOなどで”Tシャツ”と検索したとします。すると、1000円以下のTシャツもあれば、1万円を超える商品も出てきます。

結局いくらくらいの物を買えばいいのかわからなくなってしまうのです。




 

なぜユニクロなのか

タイトルの通り、まずはユニクロで買うことをおすすめします。

インターネットでは市場が広すぎるとお伝えしました。なので、逆に市場を狭くしてあげればいいのです。

ダサく見えるポイントだけ気を付けて、ユニクロにあるものだけ買えば大丈夫です。ではなぜユニクロなのでしょうか。

もちろんユニクロをおすすめするのには理由があります。

・癖のあるアイテムが少ない

まず癖のあるアイテムが少ないです。キャラもののコラボやUTは無視して、無地のコーナーから選んでください。それだけで大丈夫です。どれを選んでも間違いありません。

・価格に対して質が良い

ユニクロは質が良いです。物によっては、ブランド物の何万とする質のものが2000円台で買えたりします。質が悪いと、着ていくうちに型崩れや、見た目に影響が出てきます。この価格で、この質が手に入るのは他では考えられません。

・気軽に買いに行ける

ユニクロは大衆ファッションです。いろんな人が買いに来ます。イオンなどのショッピングモールにも入っているので気兼ねなく買いに行けます。服を買いに行くぞ!と気張らなくていいのです。

【メンズ】ユニクロだけでトレンドファッションのコーデは出来るのか【経営学】"ユニクロ=おしゃれ"というイメージが世間に受け入れられたのは、ここ最近の事でしょうか。服が好きな人であれば、誰しもユニクロを着たことが...

 

ユニクロで買うべきアイテム2つとは!?

いよいよ、ユニクロで買うべきアイテムを2つ紹介していきます!とりあえず、この2つだけ買っておけば、手持ちの服と合わせてもキレイ目に仕上がりますので必ずチェックしてください。

ウルトラストレッチスキニーテーパードジーンズ

出典:https://www.uniqlo.com

 

スキニーテーパードジーンズの黒です。色は絶対黒です。黒以外認めません!

なぜこのアイテムかというと、メンズファッションに欠かせないのはドレスとカジュアルのバランスなんです。ここを間違うと一気にバランスが悪くなります。

 

このパンツは素材こそデニムですが、細いシルエットと色が黒なので、ドレスとカジュアルのバランスが取れています。普通は全体のバランスでドレスとカジュアルを組み合わせます。

 

例えば、スラックスにスニーカー、デニムに革靴など。でもこのパンツはそんな難しいことを考えずに、そこのバランスが完成されています。

 

サイズは自分のウエストぴったりで選んでください。ベルトがいらないくらいぴったりです。最初はきつくても伸びるので安心してください。

 

そして、必ず裾上げしてください。目安は立った時のくるぶしの位置くらいです。短く感じるかもしれませんが、この長さの方が足が長く、細く見えるので上に何を着てもバランスが良く見えます。

 

50色ソックス

出典:https://www.uniqlo.com

まさかの靴下です。もちろん色は黒です。4つまとめ買いで990円ですが、迷わず黒4つ買ってください。

なぜ靴下かというと、自分の靴下を確認したらわかるはずです。よくわからないスポーツソックス、もしくはアンクルソックスですよね。

この靴下がすべてを台無しにしているんです。下半身はすべて黒で統一してください。肌も見せないでください。見違えるはずです。

そして靴は黒のコンバースにしてください!ローカット!

まとめ

服を選ぶうえで大切なのは、ブランドでもお店でもありません。

大事なのはバランスと、シルエットです。そして、そのバランスとシルエットは、この2つとコンバースの靴さえ履いていれば間違えないのです。

逆にこのポイントさえ覚えていれば、どのお店に行っても楽しく服を見ることが出来ますよね。是非試してみてくださいね!




 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です