トップス

グラフペーパーとコモリのシャツはどっちがおすすめ?サイズ感で選ぼう!

「グラフペーパーのシャツとコモリのシャツってどっちが良いの?」

昨年くらいからホントに聞かれることが多くなった質問です。

結論から言うと、好きな方着たら良いじゃん。って思うほどどっちも良いシャツです。

よくコモリのシャツとグラフペーパーのシャツは比較されますが、着てみると結構違うので2つのシャツの違いについて解説していきます!

ちなみに、グラフペーパーのシャツはオーバーサイズドシャツ1択です!

[the_ad id=”160″]

グラフペーパーとコモリのシャツが比較される理由

先ほども書きましたが、グラフペーパーのシャツとコモリのシャツはよく比較されます。その理由は、ぱっと見似ている部分が多いからだと思います。

また2つのブランドを取り扱っているショップも多いのでどうしても比較対象になってしまいます。

グラフペーパーとコモリのシャツが似ている点は以下の3つです。

価格帯

グラフペーパーのシャツもコモリのシャツも、2万後半の価格帯です。正直高いですが、どちらも発売後すぐ売り切れる商品ですよね。それくらい人気の商品です。

2万円台のシャツといえば他にも、ヤエカ、semoh、オーラリーなどがありますが、今のトレンドや空気感を考慮しても、グラフペーパーとコモリのシャツが人気なのは頷けます。

また、オーラリーはもう少し若いイメージでしょうか。カット自体はコモリとも似ていますが、色使いがベージュ系が多い印象です。

サイズ感

どちらも身幅がゆったりしており、リラックス感の強い作りです。シャツなのにカジュアルに寄せるサイズの取り方、それなのにだらしなく見えないカッティングの良さなど、そこら辺の安いブランドが作っているビッグシルエットのシャツとは全然違います。

大人の男性が休日に取り入れて欲しい究極のシャツだと思います。

色展開

グラフペーパーのシャツの色展開は、ブルー、ホワイト、ベージュ、ネイビー、ブラックで、コモリシャツの色展開は、サックス、ホワイト、ネイビー、ブラック、シーズンカラーです。

めちゃくちゃ似てますよね。(笑)

どちらかがどちらを真似したとかではなく、このカラーが流行りや時代に左右されないカラー展開なんだと思います。

3つの共通点からわかる事

この3つの共通点からわかることは、100年以上前からあるシャツという洋服を現代のファッションに落とし込んだら、広義的にここに終着するということです。

どういうことかと言うと、ドレッシーなアイテムであるシャツを現代の私服に落とし込んだ際に、きちんと感を残しつつ、カジュアルダウンさせると、この3つの共通点が必然的に出てきてしまうということです。

自分でもだんだん何言ってるかわからなくなってきました。

グラフペーパーとコモリシャツの違い

先ほどは2つのブランドの共通点について書きましたが、ここでは両ブランドの違いについて書いていきたいと思います。

この違いを意識して選ぶと、自分の服装や体型を考慮して選んで頂けると思います。

私は身長176cm体重63kgの普通体型です。

コモリシャツはあくまでベーシックな作り

最近は、ビッグシルエットで肩を落として着るのが普通になっているのであまり気付きませんが、コモリシャツはこのビッグシルエットの流行りに乗って作っているのではなく、創業当時からこのシルエットで作っています。この着用画像はサイズ2です。

ポケットの位置もドレスシャツと同じ位置についていますが、グラフペーパーのシャツはポケットの位置が低いです。

シルエットやポケットの付き方を見ても、シンプルで上質な日常着をコンセプトに掲げているコモリらしい作りです。

裾に向かって広がる作りは、空気を含んでまるで着ていないような感覚に襲われます。

サイズ展開も1~4まであるので自分に合ったサイズを選べると思います。

グラフペーパーは人を選ぶ作り

グラフペーパーのオーバーサイズドシャツは、ワンサイズです。しかもかなり大きめなので170cm以上ないときれいに着こなせないと思います。若干トレンド感の強い作りですが、ブロードタイプであれば生地の落ち感がきれいなのでだらしなく見える事はありません。

オックスフォード生地はカジュアル感が強すぎる為、180cm以上ある方である程度ジャストで着れる方以外はおすすめできません。

襟の作りもコモリに比べて大きめなので全体的にビッグな作りです。

結局どっちがおすすめなの?

私は、グラフペーパーのシャツをおすすめします。どちらも良いシャツなのは間違いありませんが、個人的にシャツを選ぶうえで大切にしていることがあります。

それが首回りです。

私にとってシャツを着る際に、ボタンを上まで閉めれるかは重要なポイントです。ボタンを上まで閉めれるとボトルネックのインナーとレイヤード出来ますし、アウターを着た時の首回りのもたつきがありません。

また、ボタンを上まで閉めるとAラインが強調されスタイルが良く見えます。

コモリシャツはボタンを上まで閉める事が出来ますが、多少窮屈なのとボトルネックのインナーを挟む余裕がありません。

この写真のように、アウターを着た時のネック周りのもたつきが許せない・・・。

着心地としてはどちらも最高なので甲乙つけがたいですが、自分のスタイルに合っているのはグラフペーパーのシャツです。

サイズ感に注意!

私は身長が176cmなのでグラフペーパーのオーバーサイズシャツを問題なく着れますが、170cm以下の方は大きすぎるかもしれません。

176cmの私がグラフペーパーのオーバーサイズシャツを着た雰囲気と、165cmの友人がコモリシャツのサイズ1を着た雰囲気は同じ感じでした。

グラフペーパーのオーバーサイズドシャツの欠点はサイズ展開が1サイズということですね・・・。

まとめ

私がおすすめするのは、身長170cm以上の方でボタンを上まで閉めたい!という方はグラフペーパーのシャツを、身長170cm以上でもボタンを上まで閉めるこだわりはない、或いは身長170cm以下の方はコモリシャツをおすすめします。

生地感は個人的にコモリの方が好きです。少しパリッと感があります。洗いざらしでもかっこよく着れる生地なので、細かい皺は気にせず着る事が出来ると思います!

どちらも良いシャツなのは間違いないので結局どっちも買っちゃうんですけどね!(笑)

30代にこそビッグシルエットを着てほしい理由ビッグシルエットって若い人向けだと思っていませんか? 実はビッグシルエットって一回バランス感覚を掴んじゃえば簡単におしゃれに見せること...